アート巡り:シンガポールで2つのアートフェスティバル開催

BODY IMAGE: ホテル ジェン タングリン シンガポール : アート巡り:シンガポールで2つのアートフェスティバル開催
BODY IMAGE: ホテル ジェン タングリン シンガポール : アート巡り:シンガポールで2つのアートフェスティバル開催

日が沈んだ後にぶらぶらするなら、夜に開催されるシンガポール ナイト フェスティバルがおすすめです。毎年8月の2回の週末(8月19-20日と8月26-27日)に開催されるナイト フェスティバルは通りまで広がり、シンガポールの伝統、文化、芸術にまったく別の光を当てます。シンガポール アート ミュージアムとシンガポール国立博物館の外壁を舞台にしたプロジェクション マッピング、ナイトライトは必見で、目と耳で楽しめるでしょう。他にも、ブラズバザー、ブギス地区、アメリカン ストリート周辺で、エアリアル パフォーマンス、アート インスタレーション、ライブ ミュージック、ストリート パフォーマンスが繰り広げられます。

夜より昼間のほうがいいなら、シンガポール インターナショナル フェスティバル オブ アート(8月11日-9月17日)では、国内外から最先端を行く20のコンテンポラリー パフォーマンスが開催されます。シェークスピア シアターのメドレー(ハムレット-コラージュ)、ダークコメディ(最後の晩餐)、パフォーマンス アート(エブリシング バイ マイ サイド)、回顧映画(ザ サルドノ レトロスペクティブ)、フラメンコ舞踊(ザ ラスト ブル:ア ライフ イン フラメンコ)、現代京劇(パラダイス インターラプテッド)など盛りだくさんです。