遊び心のあるデザインが使われテクノロジーが装備されたホテルジェン タングリン シンガポールでは、思い出に残るご滞在を楽しめます。オーチャードロード沿いのショップへの訪問やユネスコ世界遺産に登録された植物園までの散歩、近辺のデンプシーヒルへのサイクリングなど、親切なチームがお手伝いいたします。 

ホテルのウェブサイトから直接ご予約いただくと、保証付きベストレートをご利用いただけます。

ゴールデンサークルにご入会いただくと、さらなる特典や割引、無料宿泊をお楽しみいただけます。直接ご予約されるたびに、インスタントリワードをご利用いただけます。ご入会は、here から。

Virtual Tour をご覧ください。

サービスと施設

  • いつでも、どこでも使える高速WiFi
  • オーチャードロードとビジネス街への無料シャトルバス
  • J65、アー・ホイズ・キッチン、ランポールズ、ジェンズキッチンオン・ザ・ゴーでの本格的な世界各国の料理と地元料理
  • 24時間使えるフィットネスセンター
  • スパ
  • サウナ
  • スチームバス
  • 室内ジャグジー
  • 300名様まで利用できるボールルームと会議室施設
  • クラブラウンジ
  • 緑が生い茂る庭園に囲まれた全長30メートルのアウトドアプール
  • 深さ85センチメートルの屋外冷水ジャグジー
  • 深さ35センチメートルのキッズプール
  • 24時間ルームサービス
  • ジェナがお届けするサパールームサービス

小さな配慮

  • コインランドリー
  • 市内通話
  • ヘア・ビューティーサロン
  • 1回の洗濯と折りたたみランドリーサービスが固定料金
  • セーフティボックス
  • 地下駐車場
  • 自動販売機
  • 外貨交換機
  • 7,000以上のオンライン新聞・雑誌を読めるプレスリーダー
  • 携帯充電ステーション
  • お持ち帰り料理
  • ロビーのフルーツ入りウォーター

ホテル ジェン タングリン シンガポール


「小さな赤い点」というニックネームが付いたシンガポールは、多くの文化に影響を受けています。日光が反射する高層ビルと歴史的な寺院が立ち並び、持続的発展の大きな違いですが、シンガポールの多様性の表面にすぎません。

シンガポールがビルや企業が立ち並ぶ100%都心状態であると思っている方は、シンガポール植物園に訪れると思い違いであったことがわかるでしょう。シンガポールで唯一のユネスコ世界遺産では、コケ生したヘリテイジツリーやナショナルオーキッドガーデンにある蘭を見ることができます。150年の歴史があるこの公園の湖の近くでの日光浴やバードウォッチング、カメの餌付けで数時間があっという間に過ぎていきますが、楽しみはこれから。コピ(コーヒー)がお勧めです。

コピを楽しみたいなら、オーチャードロード地域の中間にあるキリニーコピティアムへ向かいましょう。濃い味のコーヒーはさておき、コンデンスミルクで飲まれることが多いここのコーヒーですが、初心者の方は、カヤトースト(ココナッツジャム付きパン)と半熟卵と一緒に飲むのがお勧めです。

5分北に進むと、シンガポールのおみやげ品を購入できるスコッツスクエアのK +ギャラリーがあります。ここでは、地元の芸術家の作品が展示されており、芸術家と訪問者が集まるスポットです。このギャラリーの私の気に入っている特徴は、6~8週間おきに展示品が入れ替わり、訪れるたびにユニークな作品を見ることができることです。

活気溢れるオーチャードロードには、新しいショッピングモールやエンターテイメント施設が立ち並んでいます。私のお気に入りの静穏なスポットは、オーチャードロードゲートウェイモールの脇道を渡ったところにあるエメラルドヒルです。100年の歴史のあるプラナカンスタイルテラスにはプルメリアの木があり、Instagramの写真やバーでのリラックスに最適です。

夕方になると、シンガポールの都心が楽しいナイトタイムの都市へと変わります。ドリンクでお勧めなのが、ホーシーズマウスです。内装はモダンでシックですが、入り口を見つけることが楽しみの半分です。店内にいったん入ると、カクテルがお勧めです。うまうまラーメンを探してみてください。ホーシーズマウスの入り口は引けをとりません。

以上、シンガポールのお勧めスポットです。夜は、シンガポールのアドベンチャーを楽しむことができます。すべてを楽しんだら快適なベッドが最高です。ホテルジェンがお戻りをお待ちしております。

当ホテルのウェブサイトで予約すると、保証付きベストレートを利用できます。

ゴールデンサークルに入会すると、さらなる特典や割引、無料宿泊を楽しめます。直接ご予約するたびに、インスタントリワードを利用できます。ご入会は、こちらから

PDFで読む