シングリッシュのレッスン:シンガポール人みたいに話してみましょう

BODY IMAGE: ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール : シングリッシュのレッスン:シンガポール人みたいに話してみましょう

シングリッシュはユニークな方言です。これは、厳密には正式な言語ではありませんが、シンガポールのいくつもの文化と多様な住民の産物です。英語やマレー語、中国語、タミル語のほか、その他の地元の方言が混じったもので、シンガポールの誇りであると同時に、文法上のいらいらの種ともなっています。皆様が街を歩く際に役立ちそうなシングリッシュの単語や表現のちょっとしたリストを作ってみました。このリスト以外の言葉がわからない場合には、私のチームにお電話ください。喜んでお手伝いいたします。

UncleかAuntie(アンクルかアウンティー):タクシーの運転手さんなど、自分より年上の人に話しかける時につかうもので、尊敬の意味があります。
Orh(オー):“OK”が短くなったもので、「はい、わかりました」という意味があります。
Ok lor(オーケーロー):物事がうまくいっている時にど同意の意味で使います。
Abuden(アブデン):当然、もちろん
Chope(チョープ):座席予約を意味する俗語です。
Chop chop(チョップ・チョップ): 速くしてください!
Kopitiam(コピティアム):シンガポールのコーヒーショップ。
Makan(マカン): 食べる。
Shiok(シオク):「素晴らしい」満足の表現です。
Pai seh(パイセー):恥ずかしい。これは謝罪の言葉として聞くことがあるでしょう。