さまざまなスタイルがミックスしたシンガポールの建築

BODY IMAGE: ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール : さまざまなスタイルがミックスしたシンガポールの建築
BODY IMAGE: ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール : さまざまなスタイルがミックスしたシンガポールの建築

伝統的
昔々、シンガポールは地元マレー語で「カンポン」という村で構成されていて、現在でもカンポン・ロロン・バンコクという村が残っています。他にもマレー、中国、ヨーロッパのスタイルを融合したカラフルなショップハウスが軒を連ねているエリアも残っています。リトル・インディア、カンポン・グラム、チャイナタウン、ジョー・チャットで探してみましょう。

コロニアル様式
旧最高裁、フラトンビルディング、シンガポール国立博物館の3つは、シンガポール植民地時代に建てられた壮大で野心的な建築です。素晴らしい建物はシンガポールの継続する進化に伴い様々な用途に使われてきました。

現代的
エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイの光り輝くガラスのドーム2つと、マリーナベイのスカイパークが屋上に広がる3つのタワーは圧倒的です。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの世界建築賞を受賞した円形温室では、世界最大の支柱のないガラスの屋根に注目です。