自然に親しむ

BODY IMAGE: ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール : 自然に親しむ
BODY IMAGE: ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール : 自然に親しむ

シンガポールで見かけるすべての場所が都会なわけではありません。植民地時代の建築様式やシックなブティック、モダンなカフェの間に、魅力的な自然が多く存在します。

こういった自然は、人ごみの多い都心を忘れることができる場所です。最初に立ち寄るべき場所は、1859年に設立され、ユネスコ世界遺産に登録されているシンガポール植物園です。数多くの亜熱帯植物をご覧いただけます。蘭庭園のツアーに参加し、スケッチや散歩を楽しんでみましょう。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは新しいスポットですが、魅了させる場所だけではありません。ウォーターフロントガーデンには、様々な植物や花、木の葉が咲き、スーパーツリー・グローブにある木の形をした巨大な建造物は、50フィートの高さがあり、未来的な垂直庭園です。

シンガポールのマックリッチー・ネイチャー・トレイルやリザーバパークを歩いていると、ジャングルの森に到着します(ザ・ツリートップ・ウォークの全長250メートルのつり橋を歩くと、バードウォッチングを楽しむことができます。緑が生い茂ったこの森林に入ると急に涼しくなり、あらゆる種類の野生生物が生息しているのをご覧いただけます。フクロウやリス、マカク、時にはキツネザルにも遭遇できます。さらに動物を楽しみたい方は、シンガポール動物園が最適です。数多くのサルやオランウータンが頭上の木の枝にぶらさがり、囲い地は緑に覆われ、広々としています。ナイトサファリは訪問者を引き付け、象の餌付けはいつでも楽しむことができます。

シンガポールに野生的な面があることを誰がご存じでしたか?より自然を感じる場所をお探しでしたら、私のチームにお尋ねいただくか、私の「1日シティガイド」をご覧いただき、都心の最高の過ごし方をご確認ください。