シンガポールで古代中国に蘇る

BODY IMAGE: ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール : シンガポールで古代中国に蘇る
BODY IMAGE: ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール : シンガポールで古代中国に蘇る
BODY IMAGE: ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール : シンガポールで古代中国に蘇る

中国北部の帝国スタイルの建築様式や景観をモデルにした中国庭園は、シンガポールで最も美しい公園の一つです。活気溢れる都市を感じさせない中国庭園は、ジョギングや散歩、太極拳など、私のお気に入りの庭園の一つです。1975年に建築された中国庭園は、台湾人建築家のユエン・チェン教授によって設計され、シンガポールの西部地区に、古代中国を再現しています。
 
マレーシアや中国、台湾、日本、フィリピン、インドネシア、タイから輸入された美しく手入れされた2,000本以上の盆栽がある盆栽庭園が私の好きな場所です。13.5ヘクタールにおよぶこの庭園には、マーブルストーンライオンや13アーチレインボーブリッジ、メインアーチビルディング、ストーンボートとティーハウス、ガーデン・オブ・アバンダンス、盆栽庭園、ライブタートル&トータスミュージーアム、七重塔、4ヶ所の亭があります。 
 
庭園に橋やパビリオン、塔が数多くあり、写真撮影に最適です。私のお気に入りのスポットは、建物がジャスミンやザクロの木があるアーリースプリングコートヤードと、小さな湖や橋、フィッシュパラダイスと呼ばれる魚の池があるガーデンコートヤードの2つの中庭に立つメインアーチビルディングです。上記のスライドショーで、私が撮影した写真をご覧ください。 
 
お役立ち情報: 中国庭園は、中世期の日本の美をモデルにした上品な日本庭園につながっています。
 
住所: 1 Chinese Garden Road
営業時間: 毎日6~23時
入場料: 無料
 
画像: Flickr and Shutterstock