街に親しむ:マレで見るもの、すること

BODY IMAGE: ホテル ジェン モルディブ : 街に親しむ:マレで見るもの、すること
BODY IMAGE: ホテル ジェン モルディブ : 街に親しむ:マレで見るもの、すること
BODY IMAGE: ホテル ジェン モルディブ : 街に親しむ:マレで見るもの、すること
BODY IMAGE: ホテル ジェン モルディブ : 街に親しむ:マレで見るもの、すること

この小さな首都は1時間ほどで歩いて回れます。ならば、歩いてみましょう。景色のよいスポットは北側に集中しています。津波記念碑の脇にある絶好な地点からサーファーらを見たり、地元サーファーらに人気のラールフガンドゥにちょっと留まるのもいいでしょう。夕方には地元の人がリラックスし、1日の終わりを楽しみに来て、素晴らしい雰囲気となります。散歩中には、時には止まってみて、ラールフガンドゥを見下ろすサーフィン小屋から人々を眺めたり、ガーディヤと呼ばれる屋台で軽食を買ってみてください。

1656年に建立で、金曜日のモスクという意味の名のフルク・ミスキイーでモルディブの歴史の中に飛び込んでみましょう。内側では、精緻な彫り込みや豪華な漆の装飾、木彫、縦溝彫りのサンゴなどを見ることができます。このモスクは、これもまた1600年代までさかのぼる、精緻に彫刻されたサンゴの墓石が特色の墓地に囲まれています。フルク・ミスキイーを見下ろす場所には1990年代初めに建設された大統領宮殿、ムレーアーゲがあります。

レパブリック・スクエアの西の港の前の魚市場でこの日の食事が準備されるのを眺めてみましょう。ここはとりわけ、ドニと呼ばれる地元のボートがこの日獲れた魚を積んで帰ってくる午後遅くには、まるで蜂の巣のような賑わいになります。獲れたてのマグロなどの魚は、目の前でさばかれていきます。魚のほかには、地元の農産物も売られています。

マレでの滞在を最高のものとしてください。何をみたら、何をしたらいいかを私のフレンドリーなチームにきいてみてください。皆様にぴったりのスケジュール作りのお手伝いをいたします。