ダンガベイでの1日

BODY IMAGE: ホテル ジェン プテリハーバー : ダンガベイでの1日
BODY IMAGE: ホテル ジェン プテリハーバー : ダンガベイでの1日

市内の新しい開発は、ホテル経営者にとって、いつでも嬉しいニュースです。ジョホールからそう離れていない場所に、ダンガベイと呼ばれる活気に満ちたエリアがあります。現在は若干注目されていませんが、シンガポールのマリーナベイのジョホール版になりつつあります。現在でも、ウォーターフロントエリアは、1日をかけて体験する価値がある場所です。私と一緒に歩いてみましょう。私がエリアをご案内します。

ダンガベイは、プテリハーバーからタクシーに乗ってすぐの場所にあるので、朝早く出かける必要がないので、ベッドで贅沢に朝食を楽しむことさえできます。エリアに着いたら、ウォーターフロントの景観が素晴らしいダンガベイマリーナへ向かいましょう。数多くのセーリングボートやヨットの所有者が湾岸でボートを桟橋につないでいます。夕方にマリーナの写真を撮影すると、えはがきのような写真を撮ることができます。

ジョホール海峡のそばには、ダンガビーチがあり、ショップや最高の屋外レストランが立ち並び、1ヶ所で娯楽や上質な食事を楽しむことができる人気のスポットです。道路をさらに先に進むと、お子様が様々な乗り物を楽しむことができるダンガベイパークがあります。

ジョホールバルの市内中心部から移動する場合には、海峡沿いに、港湾へとつながる約2キロの歩行者専用通路があります(天気のよい日にはいい散歩ルートになります)。ダンガベイは私のホテルから簡単に行くことができます。送迎手配につきましては、私のチームまでお尋ねください。