香港は広々としたビクトリアハーバーや青々とした山辺から、狭い歩道やネオンサインに至るまで、実に対照的なものにあふれています。そして、それが私が香港が大好きな理由なのです。皆様にとってラッキーなのは、私たちのホテルがこの現代の大都会、香港のにぎやかさを楽しむのにぴったりな場所にあることです。

中西区に立つホテル ジェン 香港は、MTR香港大学駅から徒歩ですぐの場所にあります。マカオフェリーターミナルから5分、中環(セントラル)駅やエアポートエクスプレス香港駅から10分、香港国際空港からわずか30分、マカオフェリーターミナルからは5分のところにあります。中環(セントラル)、湾仔(ワンチャイ)、ピークトラム駅、オーシャンパーク、香港ディズニーランド行きの無料送迎サービスをご利用いただけます。 

ホテルでは、高速WiFi を無料でご利用いただけます。カフェマラッカでは、本格的なマレーシア料理やシンガポール料理をお楽しみいただけます。クラブラウンジでは、朝食ビュッフェや日中のスナック、イブニングカクテルなどの特典をご用意しております。屋上プールと24時間対応のフィットネスセンターでは、港の美しい眺めをご覧いただけます。

サービスと施設

Rooftop pool
FItness centre

  • いつでも、どこでも使える無料の高速WiFi
  • ビクトリアハーバーの素晴らしい景色が見える24時間オープンのフィットネスセンター
  • ルームサービス
  • アウトドアルーフトッププール
  • マレーシア、シンガポール料理が味わえるミシュラン「ビブグルマン」掲載のレストラン
  • セントラル・ビジネス街へのシャトルバスサービス
  • クラブフロアにお泊りのお客様にはクラブラウンジの特典

小さな配慮

  • ベビーシッターサービス
  • 当日仕上がりのランドリーサービスとバレットパーキングサービス
  • セントラル・ビジネス街への無料シャトルバス
  • 必要な時に呼ぶことができるハウスドクター
  • リムジン、レンタカーサービス
  • ツアー・トラベルデスク
  • セーフティボックス
  • 電子機器の充電 

ホテル ジェン 香港


香港へようこそ。表面的には鉄とガラスの都市ですが、都心的な景観の中に数世紀にわたる遺産を見つけることができます。ホテルジェン香港は、西区の活気溢れる商業の中心部にあります。伝統的な料理から本格的な中国のマーケットまでのすべてを私のホテルの周辺で体験でき、新しい料理や文化、芸術を発見することができます。

私のお気に入りの場所の一つは、ホテルジェン香港から徒歩で5分先にある保徳街です。活気に溢れながらもユニークな雰囲気があります。この通りには、人間ウォッチングに最適なモダンなカフェや、雑貨を販売している小さな店、車の整備場があります。

もっとアクティブな場所をご希望なら、ホテルから一区画歩いた場所にある徳輔道へ向かいましょう。200店舗以上の干し魚店が立ち並んでいますが、すでに匂いでどんな食品が販売されているかわかっていることでしょう。匂いにしたがって歩いていると、試食品がたくさんあります。新しい城巿閘誌のコミュニティアートプロジェクトの一つである地元の行商人のシャッターに描かれた芸術を見てみましょう。早めの時間帯か店が閉まる前に行く必要がありますが、隠れた芸術を見ていると、最初の見た目以上の魅力があることがわかるでしょう。

ランチでは、香港で最高の点心料理を体験できる近辺の堅尼地城にある新興食家がお勧めです。お勧め料理のカスタード饅頭やその他の点心料理をお試しください。毎日3~16時まで営業しているシンプルで小さなこのレストランには英語のメニューはありませんが、蒸し料理が入ったバスケットの中から食べたい料理を指して取ってもかまいません。お勧めレストランはこれだけではありません。デザートもあります。デザートには源記甜品専家がお勧めです。1855年にオープンしたこのお店では、伝統的な広東デザートを楽しむことができます。ナッツや胡麻を挽いて粉にする技術は昔ながらの製法ですが、試してみればその味わいがわかると思います。

見晴らしいのいい場所から見る香港の夕日は美しいです。地元の人々に人気のスポットは、美しい港を見ることができる堅尼地城にある貨物船用の港湾であるインスタグラムピアです。私のチームのお勧めはビクトリアピークガーデンです。ケーブルカーを待つのに列に並ばなければならない通常の観光ルートではなく、ホテルの裏にある香港大学を通って歩くと、時間が短縮されるだけでなく、このエリアで最も古い大学のポストルネッサンス様式を見ることができます。ヴィクトリアピークへ向かって歩くと、このアイランドシティが山に囲まれていることがわかります。

香港を素晴らしくしているのは、多様な人種による継続的な変化であり、毎日のように訪問者がエリアを散策して新しいことを発見できるのです。

PDFで読む